再開発で新たな魅力が誕生!未来へ向けて変化を続ける「渋谷」駅周辺

再開発で移り変わるターミナル「渋谷」

「渋谷」駅には、JR山手線や東京メトロ銀座線、東急東横線など多くの路線が乗り入れ、青山・表参道エリアの玄関口としても機能しています。近年、「渋谷」駅周辺では大規模な再開発が進められ、街の姿が大きく変わろうとしています。

渋谷ヒカリエ

その再開発の皮切りとなったのが、2012(平成24)年4月にオープンを迎えた「渋谷ヒカリエ」です。「東急文化会館」などがあった場所を再開発して誕生したこのビルには、ショッピング施設「ShinQs(シンクス)」をはじめ、「東急シアターオーブ」、「ヒカリエホール」といった文化施設も入り、渋谷の新たなシンボルとして親しまれるようになりました。

駅街区の再開発で、電車の乗り換えも便利に

現在も「渋谷」駅周辺では、「駅街区」、「道玄坂街区」、「南街区」の3つのエリアで再開発が行われています。このうち「駅街区」はJR「渋谷」駅の東西に東棟、中央棟、西棟の3棟の再開発ビルが誕生する予定で、ショッピング施設やオフィスとして使われることになっています。東棟の高さ約230mの屋上には渋谷の街を見下ろす展望台が設けられることになり、渋谷の新たな名所として注目されることになるでしょう。

あわせてJR埼京線や東京メトロ銀座線のホームの移設、各線の改札口と自由通路を結ぶ連絡通路の整備などが行われ、完成すれば、街ににぎわいをもたらすだけでなく電車の利用も便利になりそうです。東棟の完成は2019(平成31)年、中央棟と西棟の完成は2027(平成39)年が予定されています。

渋谷駅の再開発

リムジンバス発着場もできる予定の道玄坂街区

「道玄坂街区」は「渋谷」駅西口の旧「東急プラザ渋谷」があった場所を中心に行われる再開発で、ショッピング施設のほか空港リムジンバスのターミナル、国内はもとより海外から訪れる観光客に対する支援施設が設けられる予定で、渋谷を中心とした都内の買い物や観光の拠点となることが期待されています。この再開発にあわせて、西口バスターミナルの再編や歩行者デッキの整備が行われる計画もあり、電車からバスへの乗り継ぎや「渋谷」駅から西口方面への行き来も便利になるでしょう。「道玄坂街区」のオープンは2018(平成30)年度の予定です。

渋谷駅の再開発

南街区では渋谷川沿いに遊歩道ができ憩いの場も誕生

「南街区」は、「渋谷」駅の南側を横切る国道246号の南、かつて東急東横線が走っていた線路の跡地を中心に再開発を行うものです。「南街区」では東急ホテルズが運営するホテルや飲食店、情報発信機能を備えたホールなどが入る35階建てのビルが誕生するほか、渋谷川沿いには緑豊かな遊歩道が整備される予定で、渋谷を訪れる人々の憩いの場にもなりそうです。

また、「渋谷」駅から「南街区」を結ぶ通路には、かつての東急東横線の高架が再利用されるほか、東急東横線「渋谷」駅のシンボルとして親しまれたかまぼこ型の屋根も保存されることになっており、渋谷の歴史を後世に伝える存在にもなりそうです。2015(平成27)年7月には、「南街区」が2018(平成30)年秋のオープン予定と発表されました。

再開発とともに、さまざまな都市インフラ整備も計画されている「渋谷」駅周辺。街の魅力がますます高まることは確実でしょう。

(参考)
渋谷駅周辺地区における都市計画の決定について
渋谷駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)への展望施設設置について
東横線跡地「渋谷駅南街区プロジェクト」工事本格着手

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。