神楽坂通り商店会

神楽坂通り商店会

明治や大正期には花柳界の中心地として隆盛を誇った街、神楽坂のメインストリートといえるのが「神楽坂通り商店会」だ。夏目漱石をはじめ、文豪の使っていた原稿用紙を販売する「相馬屋」や、明治時代から和装小物や履物を売っている「助六」など、今に残る老舗の暖簾をところどころに見ることができる。

神楽坂通り商店会
所在地:東京都新宿区神楽坂1 ほか

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。