府中駅南口第一地区再開発の完了でさらに便利に快適になる「府中」駅周辺の暮らし

住まいの場として人気の高い京王線のなかでも「府中」駅周辺は、特急が停車し、ショッピング施設が集まるなど、暮らしの利便性と緑豊かな環境に恵まれています。この「府中」駅周辺は、京王線の高架化や複数の再開発の完了により、ますます快適な街へと進化してきました。現在進行中の府中駅南口第一地区の再開発もまもなく再開発ビルが完成する予定で、「府中」駅周辺は新たな時代を迎えようとしています。

高架化事業と再開発事業で府中市の玄関口にふさわしい街へ

大國魂神社

京王線の「府中」駅周辺は武蔵国府が置かれた地であり、「大國魂神社」の門前町として、甲州街道の宿場町として古くから栄えてきました。一方で、近年まで狭い道路や老朽化した木造家屋の密集地が残され、都市計画上、防災上の問題となっていました。そこで府中市では安全・快適な街を実現するため、「府中」駅の南口一帯で再開発事業を計画しました。

府中駅

当初はAからF地区の6地区で再開発事業の検討が行われましたが、そのうち3つの地区で再開発準備組合が結成され、再開発事業が動き出すことになります。「府中」駅周辺では1980(昭和55)年に始まった京王線高架化事業が1991(平成3)年に完了。これに合わせて、府中市の玄関口にふさわしい街を誕生させるため、再開発事業が加速しました。

先行した第二地区、第三地区ではすでに再開発事業が完了

伊勢丹 府中店

最初に再開発事業が行われたのは第二地区で、1976(昭和51)年に再開発準備組合、1989(平成元)年には再開発組合が設立されました。その後、1996(平成8)年に建物が完成、「伊勢丹府中店」や「フォーラス」などが入る再開発ビルがオープンしています。

くるる

「西友 府中店」撤退の影響により遅れていた第三地区でも2000(平成12)年に再開発組合が設立。2005(平成17)年にショッピング施設やシネマコンプレックスなどが入る再開発ビル「くるる」が誕生しました。

第一地区の再開発事業も間もなく完成、地下4階地上15階の再開発ビルが誕生

府中駅南口第一地区再開発事業の工事現場

残る第一地区では2003(平成15)年に再開発準備組合が発足し、2011(平成23)年に再開発組合が設立。2013(平成25)年から工事に着手しています。再開発ビルの完成は2017(平成29)年6月末が予定されており、すでに建物の姿を確認できるようになりました。

この再開発ビルは、ショッピング施設と公共施設、医療機関にマンションが入る複合ビルとなり、地下2階にはスーパーマーケットが入る予定。1階から4階はカフェやレストランなどの飲食エリア、雑貨やファッションなどのショップが入ることになっています。ショッピング施設は10,000平方メートルを超える大規模なもので、「府中」駅周辺の買い物はさらに楽しくなるでしょう。また、4階の一部はクリニックとなり、かかりつけとして便利に使えそうですね。

5階と6階は、集会室やホールなどを持つ公共施設になる計画で、地域の人々の交流の場として、イベントの会場として、多彩な使い方ができそうです。

まもなく新しい姿に生まれ変わる「府中」駅南口。完成が楽しみですね。

(参考)
府中市HP「府中駅南口再開発」
府中駅南口第一地区市街地再開発組合HP

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。