愛知県名古屋市千種区の自治体情報

名古屋市16区の中のひとつ千種区。中区・東区・守山区・名東区・天白区・昭和区と隣接し、面積18.23平方キロメートルの敷地を持つ区の中央部は丘陵地が多く、池下・覚王山・本山から東山にかけて閑静な住宅街が広がります。さらに、星ヶ丘周辺は高等学校・大学・予備校が点在する文教エリア。区の西部は名古屋の繁華街として名高い今池を中心とした商業地区で、商業・ビジネスのまちとして発展しています。東部には、都市部の緑としては国内最大級の広さを誇る「なごや東山の森」があります。その一部である「東山動植物園」の他、区内には「天満緑道」、「千種公園」、「茶屋ヶ坂公園」などの、自然と触れ合える名所が点在し、市民の憩いの場なっています。

千種区は1937(昭和12)年に東区から旧千種町、東山村を分区して誕生しました。その後、1975(昭和50)年に区の一部であった名東区が独立し、現在の領域となりました。千種区の人口は、約16万5,000人。区では市の花である「アジサイタウン事業」や「城山・覚王山地区魅力アップ事業」など千種区の特色を生かした、魅力あるまちづくりを進めています。

姉妹・友好都市(名古屋市)
ロサンゼルス市
メキシコ市
南京市
シドニー市
トリノ市

東山動植物園
●東山動植物園

愛知県名古屋市千種区の自治体情報
所在地:愛知県名古屋市千種区覚王山通8-37(名古屋市千種区役所) 
電話番号:052-762-3111(代表)

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。