三鷹の森ジブリ美術館

三鷹の森ジブリ美術館

2001(平成13)年の開館以来、連日多くの人で賑わう「三鷹の森ジブリ美術館」。「井の頭恩賜公園」西園の一角にある。「迷子になろうよ、いっしょに。」をコンセプトに、従来の美術館の概念を打ち破るようなユニークな展示が多数。トトロがお出迎えをしてくれる受付を通れば、そこからジブリの世界にどっぷりと浸ることができる。館内を歩くだけでジブリアニメの魅力にふれられる造りになっているのが特徴で、常設展示室の「映画の生まれる場所(ところ)」では、1本の映画が出来上がるまでの過程が紆余曲折とともに紹介される。

三鷹の森ジブリ美術館

2階「ネコバスルーム」では、『となりのトトロ』に登場した巨大な「ネコバス」を展示。実際に小学生以下の子どもたちがネコバスの上に乗ることができ、屋上では『天空の城ラピュタ』に出てくる「ロボット兵」がどっしりと美術館を見守っている。また、映像展示室「土星座」では、ここでしか観られないスタジオジブリの短編アニメを上映。映像展示室からは、ガラス張りの映写室で、実際に映写をしている映写技師の仕事ぶりを覗くこともできる。

三鷹の森ジブリ美術館
所在地:東京都三鷹市下連雀1-1-83 都立井の頭恩賜公園西園内
電話番号:0570-055-777
※日時指定予約制
開館時間:10:00~18:00、カフェ11:00~19:00(入店は18:00まで)
休館日:火曜日(一部開館日あり)、展示替え休館、メンテナンス休館、冬季休館

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。