住みたい街ランキング上位常連の街、吉祥寺の魅力

JR中央線と京王井の頭線が乗り入れる「吉祥寺」駅は多彩なショッピング施設が集まり、買い物の街として古くから親しまれてきました。住宅地としても人気が高く、住みたい街ランキングでは常に上位に位置しています。

江戸時代の景勝地から人気のショッピングタウンへ

井の頭恩賜公園

江戸時代から今の「井の頭恩賜公園」内にある井の頭池は景勝地として親しまれ、多くの行楽客が訪れていたと言います。また、玉川上水が開通すると、吉祥寺周辺では新田開発が盛んになり、農村地帯として発展しました。

1899(明治32)年に「吉祥寺」駅が開設されると、交通の利便性が飛躍的に向上。井の頭池周辺は「井の頭恩賜公園」となり郊外の行楽地としてさらににぎわいを増します。

成蹊学園

関東大震災後には「東京女子大学」や「成蹊学園」など教育施設も移転し、文教都市・郊外都市としての発展が始まりました。

昭和になると吉祥寺周辺には軍需工場が進出。「吉祥寺」駅周辺は商店が集まり、商業の街という機能も持ち始めます。高度経済成長期になると軍需工場跡地などに住宅団地が誕生し人口が増加。「吉祥寺」駅周辺は大規模ショッピング施設が集まり、ショッピングの街としての地位を確立しました。

住みたい街No1に返り咲き

東急裏の街並み

近年、「吉祥寺」駅周辺ではショッピング施設のリニューアルが続々と完成を迎えたほか、「東急百貨店吉祥寺店」付近はおしゃれな雑貨のショップやカフェが集まり、「東急裏」と呼ばれ、高感度な人々に注目されるようになりました。

一方、豊かな自然に囲まれ、閑静な佇まいにも恵まれた「吉祥寺」駅周辺は住宅地としても高い人気を誇ります。

「株式会社リクルート住まいカンパニー」が実施した「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017 関東版」によると、吉祥寺が1位になりました。2015(平成27)年にも1位となっていましたが、2016(平成28)年のランキングでは2位となりその座を恵比寿に譲っていましたが、再度1位の座に返り咲きました。

新オープンの施設がさらなる魅力を提供

2017(平成29)年も「吉祥寺」駅周辺には魅力的な施設が誕生しています。そのひとつが「吉祥寺ロフト」の南、「パティスリー吉祥寺」跡にオープンするカフェ併設のミニシアター「ココロヲ・動かす・映画館○」です。ここは1階が約60席を持つミニシアター、2階は映画やライブをともに食事やお茶を楽しめるカフェで、吉祥寺らしい高感度な空間が人気を集めそうです。

コピス吉祥寺

「ココロヲ・動かす・映画館○」に隣接する「コピス吉祥寺」で行われていたリニューアル工事も2017(平成29)年3月に完了。ニューヨークで人気のパイが注目されている「Bubby’s」、スペシャルティコーヒーとクラフトビールが楽しめる「UNISON TAILOR」といった話題の飲食店をはじめ、こだわりのアイテムを扱う「gungendo」や「vote for by sisam FAIR TRADE」などのショップも登場し、吉祥寺のショッピングはさらに楽しくなりそう。

時代に合わせて進化を続けてきた吉祥寺。これからも新たな魅力が続々と誕生することでしょう。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。