日本有数のタワーマンション街になり、さらに進化を続ける「武蔵小杉」駅周辺

東急東横線とJR南武線に加え、東急目黒線、JR横須賀線、JR湘南新宿ラインが乗り入れるようになり、交通アクセスの利便性が飛躍的に向上した「武蔵小杉」駅周辺。ここでは大規模な開発が行われ、近代的な街に生まれ変わりました。現在も複数の開発が進行中で、さらなる進化を遂げようとしています。

「武蔵小杉」駅南口のタワーマンション群「武蔵小杉」駅南口のタワーマンション群

工場跡地などにタワーマンションや大規模ショッピング施設が続々と誕生

「武蔵小杉」駅周辺はかつて工場や企業のグラウンドなどが多く立地していました。産業構造の変化により工場が移転となり広大な跡地が誕生したこと、「武蔵小杉」駅にJR横須賀線のホームが新設されたことなどを背景に、「武蔵小杉」駅周辺では1990年代から大規模な開発がスタートし、長年にわたって多くの開発が進められてきました。

とくに「武蔵小杉」駅の南側は早期に開発が進められたエリアで、すでに複数のタワーマンションが誕生。日本でも有数のタワーマンション街になっています。また、2014(平成26)年には「ららテラス 武蔵小杉」や「グランツリー武蔵小杉」といった大規模ショッピング施設が相次いでオープンし、ショッピングタウンとしても注目を集めるようになりました。

GRANDTREE MUSASHIKOSUGIGRAND TREE MUSASHIKOSUGI(グランツリー武蔵小杉)

川崎市都市計画マスタープラン小杉駅周辺まちづくり推進地域構想素案

間もなく完成を迎える「小杉町二丁目地区開発計画」のA地区、B地区

「武蔵小杉」駅周辺では現在も複数の開発が進行中です。このうち「武蔵小杉」駅の北西に位置する「小杉町二丁目地区開発計画」では、C地区の「大西学園中・高建替計画」が2016(平成28)年4月に完了を迎えました。

引き続き、A地区とB地区の工事が2018(平成30)年予定の完成を目指して行われています。A地区とB地区それぞれに53階建てのタワーマンションが建てられ、A地区ではショッピング施設とコンベンションホール、B地区ではショッピング施設と保育施設などが併設される予定です。

新しい小学校の開校も間近に

「小杉町二丁目地区開発計画」の北側でも「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」が進められています。これは病院、大学のグラウンドとキャンパスをそれぞれ移転、再開発するもので、まず大学のグラウンド跡地に「日本医科大学武蔵小杉病院」を移転し、現在の病院跡地にはタワーマンション、ショッピング施設、高齢者施設などが建設される予定です。

学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画(引用:川崎市HP)

さらに大学の校舎跡地を利用して新たな公立小学校が新設されるほか、公園も整備されることになっています。2019年度開校を予定する新しい小学校は最大30教室を備え、人口が急増する武蔵小杉エリアを学区に含む「川崎市立今井小学校」や「川崎市立西丸子小学校」の学区の一部が新しい小学校の学区に改められることになっています。

また、「小杉町二丁目地区開発計画」の南東、「NEC小杉ビル」と「ホテル・ザ・エルシィ跡地」を対象地区とした再開発の構想があり、今後のさらなる発展も期待されています。

学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画の取り組みについて
(仮称)小杉駅周辺地区新設小学校整備事業の進捗及び通学区域等の検討状況について
小杉駅北口地区地区計画

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。