国立新美術館

国立新美術館

東京におけるアートスポットとして人気を博する「国立新美術館」。コンセプトは「森の中の美術館」。六本木の近くにあるとは思えないほどの豊かな緑は、展覧会の作品とともに目の保養となってくれる。設計は黒川紀章氏。寄せ来る波のような形をしたファサードもじつに印象的だ。

最大の特徴は、独自のコレクションを持たないところだろう。国内最大級の展示スペース(14,000平方メートル)を活かし、バラエティに富んだ展覧会を開催している。また、世界でも有数の規模の企画展示室と公募展示室のどちらも有するミュージアムで、10を超える展覧会の同時開催が可能。この1館を訪れるだけで、タイプの異なる美術品を同時に観られるのは大きなポイントだ。

フランス国家最優秀職人章(MOF)を取得し、ミシュラン・ガイドの三つ星も獲得した「ポール・ボキューズ」がプロデュースしたレストランや、センスフルなアイテムが並ぶミュージアムショップなど、プラスアルファの楽しみが詰まっているところも「国立新美術館」の魅力。何度も足を運びたくなるスタイリッシュな美術館だ。

国立新美術館
所在地:東京都港区六本木7-22-2 
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌平日)、設備維持管理日、年末年始

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。