乃木神社

乃木神社

「乃木神社」は、「聖将」と呼ばれた乃木希典と妻の静子を祀る神社。明治天皇の大葬が行われた夜に乃木夫妻が自刃した邸宅がこの隣地にあったことから、1923(大正12)年、鎮座祭が行われた。現在は神社本庁の別表神社となっている。
1945(昭和20)年に戦火に遭い、本殿を含むほとんどを焼失したが、終戦後に全国から復興を望む声が殺到。1962(昭和37)年、祭神の50年祭に合わせて本殿や拝殿が再建された。

乃木神社

神社の隣には「旧乃木邸」があり、見学用通路からは夫妻が最期を遂げた部屋を見ることができる。
昭和50年代から開始され人気を集めていた乃木神社古民具骨董市。一時休止していたが、2014(平成26)年7月より毎月第4日曜日(11月を除く)に「乃木神社 骨董蚤の市」として復活。陶器や古道具、古着などが一堂に集まり、自分だけの掘り出し物を探す収集家で熱くにぎわっている。

乃木神社
所在地:東京都港区赤坂8-11-27 
電話番号:03-3478-3001

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。