栄エリア概要

名古屋一の繁華街「栄」

JR「名古屋」駅から徒歩約30分の場所に位置する「栄」は、名古屋市中区の中心部に位置し、名古屋随一の繁華街として賑わうエリアとなっています。

南北に走る「久屋大通」には大規模な都市公園「久屋大通公園」があり、園内には全国的にも有名な「名古屋テレビ塔」があることもあって、名古屋のシンボルロードとなっています。

約2kmにわたる「久屋大通公園」は、北から「リバーパーク」「セントラルパーク」「エンゼルパーク」とエリア分けされていて、ロサンゼルス市との姉妹都市記念碑などがある「ロサンゼルス広場」や、メキシコのモニュメントが並ぶ「いこいの広場」など、さまざまな国のモニュメントも設置され、インターナショナルな雰囲気。

「リバーパーク」や「セントラルパーク」には緑も多く、園内には川や池もあって、都会のオアシス的存在ともなっています。

また、地上180mにそびえる「名古屋テレビ塔」は、この「リバーパーク」と「セントラルパーク」の境界に位置し、名古屋市街を一望することができます。

さらに「久屋大通公園」の北側には「名古屋城」もあることなどから、観光客も訪れる名所となっており、常に多くの人で賑わっています。

久屋大通公園約2キロメートルにわたる都市公園「久屋大通公園」

「名古屋テレビ塔」に隣接したエリアには飲食店街が広がり、その東側にはバスターミナルや公園を併設した複合商業施設「オアシス21」や「愛知芸術劇場」があります。

南東方向には大型商業施設が建ち並び、さらに進めば、もう一つの繁華街である大須観音エリアも。

大須にはカフェや古着屋、ヤングカジュアルなどの店が軒を連ね、グルメやショッピングが楽しめる「大須301ビル」などがあります。東京にも進出した日本最大級のリサイクルショップ「コメ兵」の本拠地でもあります。

JRセントラルタワーズ「JRセントラルタワーズ」は245メートルと眺望も抜群

一方、東海道新幹線の停車駅でもある「名古屋」駅は、JRの他、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線や名古屋市営地下鉄の東山線・桜通線、さらには近鉄名古屋線「近鉄名古屋」駅、名鉄名古屋本線「名鉄名古屋」駅が隣接し、愛知県はもとより中部地方最大のターミナル駅となっています。

さらには、この交通利便性の効果もあって駅周辺には大規模なビルが立ち並び、この一帯は“名駅ゾーン”と呼ばれています。1999(平成11)年に竣工した駅ビル「JRセントラルタワーズ」をランドマークとして、周辺にはショッピングやグルメを満喫できる超高層ビルが多数立ち並んでいます。

53階建ての「JRセントラルタワーズ」は245mと眺望も抜群で、完成当時は“世界一高い駅ビル”としてギネスブックに登録されたほど。それに続くかのように、地上220mの「スカイプロムナード」を備える「ミッドランドスクエア」や「名古屋ルーセントタワー」、「スパイラルタワーズ」など、数々の高層ビルが建てられ、これまで以上に“名駅ゾーン”の魅力は高まっているのです。

1 2 3 

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。