大名屋敷の歴史を受け継ぐ邸宅街、城南五山

東京都品川区と港区にまたがるJR山手線の「品川」駅から「五反田」駅、「目黒」駅を結んだエリアには、「城南五山」と呼ばれる邸宅街が広がっています。今回は歴史が薫るこのエリアをご紹介します。

将軍家の鷹狩りの拠点からソニーの拠点へ発展した御殿山

「城南五山」はその名の通り、島津山、池田山、御殿山、八ツ山、花房山と山が付く地名の場所で、かつては大名屋敷や大名家をルーツとする貴族の邸宅が建っていました。

御殿山ガーデン

「城南五山」のうち最も南側に位置するのが御殿山です。現在の品川区北品川3丁目から6丁目付近にあたり、江戸時代初期に徳川家康が「品川御殿」を建てたことに由来するといいます。この「品川御殿」は歴代の将軍家が鷹狩りを楽しんだ時の休憩所として使われ、明治以降は富裕層の屋敷が建ち並ぶようになりました。また、かつては東京湾を見下ろす海沿いの景勝地としても知られ、桜の名所としてもにぎわっていたそうです。

原美術館

第二次世界大戦後、御殿山にはソニーの本社が進出し、関連施設も続々と建てられました。その後、この一帯は2007(平成19)年に本社が移転するまで、「ソニー村」と呼ばれるほどの拠点となっていました。現在、ソニーの本社跡地は、ショッピング施設の「ガーデンシティ品川御殿山」などに再開発されています。また、 「原美術館」は、東京ガスや日本航空の会長、帝都高速度交通営団(現・東京メトロ)の総裁などを務めた実業家の原邦造の邸宅跡で、今は現代美術の拠点としてさまざまな企画展が開催されています。

ルネッサンス様式の洋館や大名屋敷の庭園が残る島津山・池田山

清泉女子大学

島津山は御殿山の北側に広がり、現在の地名で言うと品川区東五反田1丁目から3丁目付近となります。江戸時代、このエリアには仙台伊達藩の広大な下屋敷がありました。明治以降、この土地を旧鹿児島藩主島津公爵が購入し、洋館を建築。財界人の社交の場としてもにぎわいをみせたといいます。島津山という名も、島津氏の邸宅があったことに由来するものです。戦後は「清泉女子大学」のキャンパスとして利用されるようになりましたが、今もルネッサンス様式の洋館は現存し、しながわ百景のひとつに指定されています。

ねむの木の庭

 島津山と桜田通りを挟んで北側、今の品川区東五反田4丁目から5丁目付近に位置しているのが池田山です。このエリアは、備前岡山藩の池田家下屋敷があり、池田家の名から池田山と呼ばれるようになりました。「池田山公園」は下屋敷の奥庭部分を整備したもので、今も風情あふれる和風庭園を散策することができます。また、池田山には皇后美智子さまの生家である正田家の邸宅も建っていました。正田家の邸宅跡地に整備された公園が「ねむの木の庭」で、美智子さまが高校生時代に作った詩「ねむの木の子守歌」から名づけられました。

「城南五山」でも駅に近く、根強い人気を誇る花房山、八ツ山

目黒駅

「城南五山」の中で最も北側に位置するのが花房山で、「目黒」駅の近く、現在の品川区上大崎3丁目一帯に広がっています。この地名は、明治時代から大正時代に活躍した外交官で、日本赤十字社の社長でもあった子爵、花房義質の別邸があったことにちなんでいます。

品川駅

また、「品川」駅の西側一帯、港区高輪3丁目から4丁目付近にかけて広がっているのが八ツ山です。この地名の由来は諸説ありますが、東京湾に突き出す岬が八つあったため、大名屋敷が八つあったためといった説が伝えられています。八ツ山エリアに建つ「開東閣」はかつて伊藤博文の邸宅だったもので、その後岩崎家の邸宅として使われるようになりました。現在は三菱グループの施設として使われています。

江戸時代からの歴史を引き継ぐ「城南五山」。今も由緒ある邸宅街として、その人気は衰えることがありません。

(参考)
原美術館
清泉女子大学
品川区役所 池田山公園
品川区役所 ねむの木の庭
開東閣

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。