清正公大祭/2017年5月4日(祝・木)・5日(祝・金)

日延上人が開山した日蓮宗の寺「覚林寺」。日延上人は、豊臣秀吉が朝鮮へ出兵した折に、加藤清正が連れ帰って養育したとされる僧といわれる。このことから、「覚林寺」は古くから「白金の清正公さま」として親しまれています。期間中には、武運の強かったという加藤清正にあやかって、「勝負に勝つ」という意味が込められたお守り「勝守(かちまもり)」が販売され、子どもをもつ親にも人気です。例年、近くのメリーロード商店街では「のれんノ市」が開催され、辺り一帯はたくさんの露店と人で賑わいます。

清正公大祭
日時:2017年5月4日(祝・木)・5日(祝・金)
場所:覚林寺境内、周辺道路

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。