梅田エリア概要

大阪駅が“街”になった! 「大阪ステーションシティ」

JR「大阪」駅
さらに便利な“街”として生まれ変わった「大阪」駅

JRや阪急・阪神、市営地下鉄の駅などが集結、現在に至るまで発展を続けてきた大阪・梅田エリア。コアステーションともいうべきJR「大阪」駅は、かねてより百貨店やショッピングモールを併設し、にぎわいを見せてきましたが、2011(平成23)年5月4日にオープンした「大阪ステーションシティ」の誕生により、さらに便利な“街”として生まれ変わりました。

大阪ステーションシティは、駅構内を挟んで「ノースゲートビルディング」と「サウスゲートビルディング」に分かれ、それぞれで新しい楽しみを提供しています。

ノースゲートビルディングにあるおしゃれなショッピングモール「LUCUA(ルクア)」と「LUCUA1100(ルクアイーレ)」、ほかにも「大阪ステーションシティシネマ」「コナミスポーツクラブ グランサイズ大阪」「ラグナヴェール プレミア」といった施設が勢ぞろいしています。

大丸 梅田店
売り場面積を大幅に増やしてリニューアルした「大丸 梅田店」

一方のサウスゲートビルディングのエリアには、「大阪」駅内の百貨店として長く親しまれる「大丸 梅田店」が、売り場面積を大幅に増やしてリニューアルオープン。さらに明るくなった雰囲気が早くも好評です。駅直結のホテルとして愛されている「ホテルグランヴィア大阪」も、同じく健在。ほか、関西内外のおいしいものが集う「うまいものプラザ」や総合クリニックなどもあります。

大阪ステーションシティで特筆すべきは、それぞれにユニークな時計が備えられ、さまざまな特徴を持った8つの広場。中には「天空の農園」といった変わり種も。

1 2 3 

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。