メインコンテンツへ移動します

愛染堂 勝鬘院(しょうまんいん)

 

愛染堂 勝鬘院

「愛染堂 勝鬘院」は、西国愛染霊場第一番札所の和宗の寺院で、金堂に祀られる愛染明王が主に良縁成就・夫婦和合の本尊であることから、愛敬・人気・縁結びの神として毎年たくさんの女性参詣者が訪れている。

593(推古元)年に聖徳太子によって創建され、1597(慶長2)年に豊臣秀吉により再建された多宝塔は、現存する大阪市最古の木造建造物で、国の重要文化財に指定されている。映画『愛染かつら』のモデルとなった縁結びの霊木「愛染かつら」が境内にあることでも有名。

日本最古の夏祭りであり、大阪三大夏祭りの一つでもある「愛染まつり」が毎年6月30日から3日間開催されることでも有名。秘仏の愛染明王、大日大勝金剛尊愛染明王が開帳されるほか、「夏越しの祓えの大法要」などが行われる。

愛染堂 勝鬘院(しょうまんいん)
所在地:大阪府大阪市天王寺区夕陽ヶ丘町5-36 
電話番号:06-6779-5800
開門時間:9:00~16:30
定休日:年中無休
http://www.aizendo.com/

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。