メインコンテンツへ移動します

パビリオン・トウキョウ2021/2021年7月1日(木)~9月5日(日)

 

ジャンルを超えた芸術と文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」。その一環として、現在「パビリオン・トウキョウ2021」が開催されています。期間中は、新国立競技場を中心とする場所に9つのパビリオンが登場。例えば、「私は高いのが好きなんです。」という建築史家・藤森輝信氏のパビリオンは、梯子で上がっていく新国立競技場の見える茶室。「恒久性とは真逆の仮設性、頼りなさ、ヘナチョコさ」を強調したいという現代美術家・会田誠氏のパビリオンは、ダンボールとブルーシートでできた2つのお城。芸術家・草間彌生氏のパビリオンは、壁や家具などすべてが真っ白に塗られた部屋に訪れた人が丸いシールを貼っていくという部屋。錚々たるアーティストらが参加し、いずれのパピリオんもそれぞれの個性を色濃く表現しています。期間中の週末は、青山・原宿エリアのパビリオン設置場所を巡る三輪カートが無料で運行されます。

※新型コロナウイルスの影響によりイベントが中止および内容変更となる場合や、施設等が営業していない場合もございます。予めご了承ください。

パビリオン・トウキョウ2021
日時:2021年7月1日(木)~9月5日(日)
場所:新国立競技場周辺エリアを中心とした東京都内各所
お問い合わせ先:contact@paviliontokyo.jp(パビリオン・トウキョウ2021実行委員会事務局)
https://paviliontokyo.jp/

読み込み中

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。