メインコンテンツへ移動します

ハモニカ横丁

 

ハモニカ横丁

JR「吉祥寺」駅北口から伸びる「ハモニカ横丁」は、戦後の闇市から発展した商店街である。雑然として狭い間口の店が連続して並ぶ様子を作家の亀井勝一郎が「ハーモニカ横丁」と呼んだことから、次第にその名前が広がっていき、定着するようになった。

ハモニカ横丁

1947(昭和22)年創業の干物店「なぎさや」や、1958(昭和33)年創業のジーンズショップ「ウエスタン」など、吉祥寺の移り変わりを古くから見守ってきた店も多いが、ここ数年はカフェやバー、雑貨屋など若い世代のオーナーたちが新感覚の店を出店し、話題を集めるようになった。

新旧入り乱れる混沌とした空間と、人と人との距離の近さにハマってしまう人が続出の商店街。若手商店主たちが集まって「チームハーモニカ」を結成し、ハーモニカの演奏会を定期的に行うのもこの界隈の活性化に一役買っている。

ハモニカ横丁
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1 
http://hamoyoko.jp/

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。