メインコンテンツへ移動します

神戸市立相楽園

 

相楽園

神戸市の都市公園で唯一の日本庭園「神戸市立相楽園」。元三田藩士で神戸を代表する豪商となった小寺泰次郎によって1885(明治18)年から明治末期にかけて造られた庭園と邸宅で、1941(昭和16)年に神戸市の所有になり、一般公開されるようになった。2006(平成18)年には国の登録記念物(名勝地)に登録されている。

神戸市立相楽園

日本庭園には飛石や石橋なども織り交ぜ構成された庭に、樹齢500年と伝えられる大クスノキ、ツツジやモミジなどが配され、四季折々の景色を楽しむことができる。

 神戸市立相楽園

1910(明治43)年ごろに建築された西洋風の旧小寺家厩舎は当時の形のまま現存し、重要文化財に指定。空襲により消失してしまった邸宅の雄大さを感じられる建物になっている。現在は、旧ハッサム住宅(1961(昭和36)年重要文化財指定)、相楽園会館、茶室、船屋形などが次々に建築・移転され、往年に勝る景観を取り戻している。

神戸市立相楽園
所在地:兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1 
電話番号:078-351-5155
開園時間:9:00~17:00(最終入園は16:30)
休園日:木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)※イベント開催期間は異なる
http://www.sorakuen.com

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。