メインコンテンツへ移動します

芦沢央(作家)×佐々木大地(棋士)対談「将棋小説のたのしみ」/2022年5月7日(土)

 

4月29日(金・祝)~6月26日(日)の約2か月間に渡り、「将棋作品をひもとく! “読む将”のススメ展」が開催されます。将棋を観戦するだけでなく、将棋小説を読むなど楽しみ方が増えてきた将棋の世界。近代以降の将棋を題材とした文学作品の歴史を追い、作家の取材メモやマンガ原画などが展示されます。これに合わせ開催されるのが、作家と棋士との対談。将棋小説『神の悪手』などを執筆した作家・芦沢央氏と六段の棋士・佐々木大地氏から、将棋を小説の題材として選んだ理由や棋士視点からの作品の感想などを聞くことができます。

※新型コロナウイルスの影響によりイベントが中止および内容変更となる場合や、施設等が営業していない場合もございます。予めご了承ください。

芦沢央(作家)×佐々木大地(棋士)対談「将棋小説のたのしみ」
開催日:2022年5月7日(土)
開催場所:町田市民文学館ことばらんど 2階 大会議室
お問い合わせ先:042-739-3420(町田市民文学館ことばらんど)
https://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/…

読み込み中

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。