メインコンテンツへ移動します

日本橋エリアの老舗巡り

 

うなぎ・割烹 大江戸うなぎ・割烹 大江戸

「海老屋美術店」をさらに進むと、江戸通りに突き当たる。JR総武本線「新日本橋」駅も近い。江戸通りを右折して昭和通り方向へ向かうと、1800(寛政12)年頃創業のうなぎ・割烹の店「大江戸」が昭和通りに面して立っています。昭和通りを渡れば、日本橋七福神の一つ「寳田恵比寿神社」もすぐで、毎年「べったら市」でも賑わうエリアとなっています。

伊場仙伊場仙

その昭和通り沿いには、1653(承応2)年創業の「小津和紙」があり、「榛原(はいばら)」同様、ミニギャラリーが併設されています。

竺仙 本店、清寿軒

竺仙 本店竺仙 本店

昭和通りを今度は南へと進み、一辻入った通りは日本橋小舟町となります。中央通り付近の喧騒から離れた住宅街が広がる一帯ですが、その一角には1590(天正18)年に創業し、今も扇子や団扇を商う「伊場仙」や、1842(天保13)年創業で竺仙染という独自の技法で作られた浴衣を販売する「竺仙 本店」があります。

うぶけやぶけや

そのまま、東に進むと日本橋堀留町を経て、日本橋人形町エリアへと入る。日本橋人形町のメインストリート沿いには1783(天明3)年創業の刃物専門店「うぶけや」の風情ある佇まいや、数々の人形焼の店の中でも創業が1907(明治40)年という「板倉屋」も目に入ります。

板倉屋

とはいえ、日本橋人形町は、江戸情緒というよりは、明治以降のレトロな雰囲気が楽しめるエリアです。創業1877(明治10)年の「志乃多寿司總本店」をはじめ、鳥料理で有名な1760(宝暦10)年創業の「玉ひで」、そして1912(明治45)年創業の「小春軒」や1933(昭和8)年創業の「芳味亭」といった洋食店に加え、1837(天保8)年創業の「甘味処 初音」など、散策の締めにグルメを楽しむのも一興ではないでしょうか。

1 2 3 4

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。