メインコンテンツへ移動します

桃園川緑道(中野区中央付近)

 

桃園川緑道(中野区中央付近)

中野区内にはかつて、お隣の杉並区にあった湧水池から「桃園川」という細い川が流れていた。戦後の都市化と開発に伴って川はすべて暗渠化され、JR「阿佐ヶ谷」駅から神田川へ流れ込む合流地点までの約2キロメートルは緑あふれる遊歩道「桃園川緑道」に整備された。一部には川であった時代に架かっていた橋がほぼそのまま残り、遊歩道に水辺であった頃の歴史の趣を添える。中野区中央付近は「桃園橋」などかつての桃園川の面影が色濃く残る一帯。タイル装飾が施された緑道に歴史とレトロな風情を添える。

桃園川緑道(中野区中央付近)
所在地:東京都中野区中央1-49 ほか 
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept..

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。