メインコンテンツへ移動します

氷川参道・平成ひろば

 

旧中山道から「氷川神社」まで南北に続く約2kmの並木道の通称「氷川参道」。20種以上の樹木が600本超植えられていて緑が生い茂っている。氷川参道には三本の大鳥居があり、神社より遠い順に「一の鳥居」、「二の鳥居」、「三の鳥居」と呼ばれている。

氷川参道・平成ひろば

「さいたま新都心」駅から中山道を歩いて5、6分の場所に「一の鳥居」があり、そこからまっすぐ「氷川神社」まで参道は延びている。なお、「二の鳥居」は明治神宮より寄贈移築されたもので、現存する木造の鳥居では関東で一番大きい鳥居だ。

氷川参道・平成ひろば

また「平成ひろば」は、氷川参道の一部を整備した公園で、通りの両側にケヤキやサクラなどが植えられ、その木々の間を散策できるようになっている。歩道は石畳で整備され、岩を組み合わせて作ったせせらぎもあり、市民の憩いの場として親しまれている。

氷川参道・平成ひろば
所在地:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町 ほか
https://www.city.saitama.jp/004/001/003/..

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。