有栖川宮記念公園

有栖川宮記念公園

「有栖川宮記念公園」は、南麻布にある広大な区立公園で、最寄り駅は東京メトロ日比谷線「広尾」駅で、駅から徒歩約3分。この地はもともと、忠臣蔵で有名な浅野家の下屋敷があったところ。のちに盛岡藩南部美濃守の屋敷になったのだが、1896(明治29)年に有栖川宮威仁(たけひと)親王が移り住み、親王の20年命日にあたる1934(昭和9)年、当時の東京市に公園用地として賜与されたことで、一般に開放された。面積約6.7ヘクタールを有する園内は、麻布台地の地形を活かして丘や渓流、池などを配した趣きある日本庭園。四季折々移り変わる自然美を堪能でき、とくに春は梅や桜が楽しめる。このほか、敷地内には野球場、テニスコート、「東京都立中央図書館」なども併設されている。

有栖川宮記念公園
所在地:東京都港区南麻布5-7-29 
電話番号:03-3441-9642(管理事務所)

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。