メインコンテンツへ移動します

さいたま市役所

100年以上の歴史を持つサッカーの街、浦和

熱心なファンが多いことで知られるJリーグ「浦和レッズ」のホームタウン、浦和はサッカーの街としても有名です。浦和のサッカーの歴史は古く、昭和初期にまでさかのぼります。今回は100年以上の歴史を持つサッカーの街として知られる、浦和エリアを紹介します。

浦和エリアの概要

北浦和公園

さいたま市浦和区は、さいたま市の中南部に位置するエリア。東京都心からはおよそ25キロ圏となり、都心へのアクセスも良好です。歴史、文化、スポーツ、ショッピングなど、浦和を語る際のキーワードも豊富。多様な魅力を持った街として、埼玉県内でも特に人気の高いエリアです。

特集「浦和レッズコース~サッカーの街」

浦和駅東口

浦和といえば、サッカー。Jリーグ一の集客率を誇るプロサッカーチームの本拠地は、埼玉県のサッカー発祥地でもあります。駅前のモニュメントがサッカーボールだったり、住宅の洗濯物が全て浦和レッズのユニフォームを模したTシャツだったりと、至るところでサッカーに関するものが見られる浦和。

その中から、主だったサッカー関連の名所を辿って、浦和の街を散策してみましょう。

エリアマップ

読み込み中

更新情報

秋ヶ瀬公園の冬鳥
荒川の河川敷にあり、野球場やテニスコートといったスポーツ施設のほか芝生広場や森などたくさんの自然に恵まれる「秋ヶ瀬公園」には、四季折々にたくさんの野鳥が訪れます...

SBTコラボセミナー 西田一見×鈴木啓太/2021年2月7日(日)
浦和レッドダイヤモンズで活躍した元プロサッカー選手・鈴木啓太氏。腸内細菌の可能性に着目し、「AuB株式会社」を設立し、その代表取締役でもあります。一方、株式会社...

Trattoria Azzurri
日本では難しいとされるヨーロッパ野菜の栽培に埼玉県内で取り組むシェフの団体「さいたまヨーロッパ野菜研究会」。「Trattoria Azzurri」は、この会で育...

このエリアの物件情報


ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。