メインコンテンツへ移動します

諏訪山公園

 

諏訪山公園

「諏訪山公園」は、六甲山系の高台と自然林を利用した地区公園。神戸の中心部から近く、市街地を見渡せるスポットとして市民の憩いの場所になっている。園内は大きく3つのゾーンで構成。諏訪山のふもと、標高約50m付近の山麓道路(諏訪山線)沿いには、児童公園や多目的グランド、それに「花と緑のまち推進センター」がある。

諏訪山公園

標高約90mの中腹付近にあるのは、眺望やサクラの花見が楽しめる「金星台」。そして標高約160mの山頂の付近は、「ヴィーナスブリッジ」や「ヴィーナステラス(展望広場)」、駐車場などあり、ドライブポイントとして人気を集めている。 「ヴィーナステラス」には、恋人たちが自由に錠を取り付けて互いの愛を誓う「愛の鍵モニュメント」もつくられた。

諏訪山公園

ちなみに、「ヴィーナスブリッジ」や「ヴィーナステラス」、「金星台」の名は、1874(明治7)年にフランスの天体観測隊がここで金星(ヴィーナス)の観測を行ったことに由来している。

諏訪山公園
所在地:兵庫県神戸市中央区山本通5、諏訪山町 
https://www.city.kobe.lg.jp/a85767/kuras..

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

このエリアの物件情報

ここまちトップへ
「ここまち」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。